身に付けるカラーで気分も変わる

20代の頃は、黒やグレーの暗い色ばかり着ていましたが、30代になって、少しずつ明るい色の服も着るようになりました。

きっかけは、黒いカーディガンを買おうと試着をしていた時に、色彩心理学を勉強している店員さんにピンクのカーディガンを勧められたことです。くすみのある落ち着いたピンクだったので、試着だけなら、という軽い気持ちで羽織ってみました。ピンクなんて自分には似合わないとずっと思っていましたが、意外と違和感がなく、顔色が明るく見えます。黒やグレーとの相性もよいので、手持ちの服とも合いそうです。思い切って購入し、職場に着て行くと好評で、褒められると気分も明るくなります。次第に、モノクロ一辺倒だった服に、ピンクやオレンジなど、暖色系のカラーが増えていきました。現在では、むしろ黒っぽい服の方が少ないくらいです。

衣類のカラーについては、好みもあって、同じようなカラーばかり着てしまう傾向がありますが、いろいろ試してみると楽しさも倍増します。いつもと違うカラーを身に付けるだけで、緊張感や張合いも生まれます。試着して試すだけで、違う自分に出会えるようにも思います。